HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト飛ばせる場所  »  実は国内でドローンを飛ばせる場所は限られている
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドローンを購入したからといって、どこでも自由に飛ばしたり、空撮したりできるわけではない。公道や私有地の上空はもちろんのこと、河川敷といった公共の場所でも「ラジコン禁止」のことがある。存分に飛ばしたいのであれぱ、ラジコン専用飛行場などを事前に調べておくのがいい。


公道や私有地などでは許可なく飛ばせない
■道路交通法・・・公道上空は「警繋署長の許可が必婁」

交通法では、架線工事など道路上としている。道路上空でドローンを空での作業も一時占用とみなす。道路管 飛ばすのも対象になりそうだが、現時点理者に加えて「警察署長の許可が必要 で許可が下りる可能性は低い。

■航空法・・・空港付近や高度150m以上は飛ばせない

航空法では航空機の定詫を「人が乗っ 「(航空機の)飛行に影響を及ぼす恐れのていること」としておリ、ドローンを含 ある行為」が減じられ、空港付近や航空む無人槻に間する拐制はない。ただし 路内の高度150m以上では飛ばせない。

■民法・・・私有地の上空を飛ばすには許可がいる

規定では、所有権は土地の上下に汲ぶ、このため上空でドローンを自由に飛ばすことはできない。私有地で飛ばすなら許可を得るか、自分が所有する土地の上空に限られる。


アマゾン・ドローン宅配


米アマゾン・ドット・コムは2015年3月、ドローンによる配送サービスのテスト飛行の許可を条件付きで猫得した



スポンサーサイト
NEXT Entry
ドローンで空撮前に注意したい7つのポイント
NEW Topics
本体サイズ46mmの世界最小クラスの人気ドローン「ナノスパイダー」
大きな機体で安定した空撮映像を楽しめる人気のドローン「X600」
低価格ながらiphoneからの空撮中継も可能な高性能ドローン「X5SW」
4Kビデオで空撮も可能な人気のDJI社製ドローン「INSPIRE 1」
6軸ジャイロで安定した空撮を楽しめるドローン「SYMA X5C」
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
人気のドローングッズ
 No.1  No.2  No.3  No.4  No.5

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。