HOME   »  2015年06月22日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このドローンの特徴

最大の特徴はiPhoneで生中継飛行が可能。中継にはアプリ「「MJX C4005 FPV」」が必要。上昇・旋回・前後移動のほか、左右水平スライド移動や宙返りも可能な飛行。

このドローンの紹介動画



スポンサーサイト
ドローンの特徴

WS000003.jpg

500円玉サイズの世界最小ドローン。送信のボタン一つで高速空中回転!小さなクアトロクスがアクロバットに宙を舞います。2.4GHz正式承認。10台まで同時飛行が可能。USBコードを使えば、パソコンからも送信機からも充電可能となっています。バッテリー不足もこれで解消。

ドローンの特徴

動画を720p対応200万画素の高画質が可能なドローン。すぐに動画撮影が楽しめる、4GBマイクロSDカードが付属で、その日に空撮を楽しめます。
SDアダプターも付属していますので、パソコンや大画面テレビですぐにお楽しみ頂けます。
室内でのフライトも安心。ローターガードも付属し、壁や障害物からローターを守ります。
機体の前後にLEDライトを配置。機体の向きが把握しやすくなっています。

WS000002.jpg

本体サイズ :寸法:83 × 84 × 33 mm (ローターを除く) 、重量:51g、メインローター径:55mm
対象性別 :男の子
電池種別 :アルカリ単四電池:4本

ドローンの特徴

カメラ付きのマルチコプター。耐衝撃バンパー付きだから、初心者も安心に遊び! プレゼントとして最適!
飛ばして楽しみ、その後は録った空撮映像を見て楽しめる!
上昇旋回前後移動のほか、左右水平スライド移動など、アクロバットな飛行が可能。

WS000001.jpg

セット内容:本体*1、コントローラ*1、USB充電ケーブル*1、2GBメモリーカード*1(機体内)、飛行保護ガード*1、予備プロペラ*8 枚 、バッテリー*2(一つ機体内)、羽根交換器*1 、2in1充電器*1


ドローンの特徴

4CH 2.4G REMOTE CONTROL QUADCOPTER ドローン

羽が4枚あり、このドローンは非常に安定した飛行ができます。搭載されたカメラで静止画、動画の撮影が可能で、データは付属のSDカードに保存することができます。付属のUSBカードリーダーを使ってPCにデータを取り込むことができます。 美しく鮮やかなカラーでクアッドコプター本体のライトが点灯します。


素材:プラスチック カラー:ホワイト 充電時間:約75分 飛行時間:約7分
クアッドコプター重量:101g 全長27cm×幅27cm×高6cm
機能:上昇・下降、左右旋回、前進・後進、静止画・動画撮影(200万画素、解像度1024x768、2GB MicroSD)
電源:クアッドコプター本体(バッテリー内蔵※3.7V/500mA)、コントローラ(単3乾電池×4個/電池は付属しません)



ドローンを飛ばして遊んだり、空撮する前に注意したい幾つかの事柄をまとめました。これら大事なポイントを6つ抑えておくとよいかもしれません。

ラジコン保険に加入する

ドローン飛行中の事故のリスクを考えれば「ラジコン保険」への加入は必須。日本ラジコン電波安全協会「ラジコン操縦士登録」は2年で4500円(税込み)だ。賠償限度額は1億円(免責額5万円)
保険の主な内容:ホビー用途限定で商業利用は対象外
rc_2010.jpg


飛行時間は常に計る


マルチコプターやドローンの飛行時間は小型の機種ほど短いうえ、電池切れの際は自動帰還機能がなければ落下してしまう。LEDの点灯で残量を警告してくれる機種もあるが、過信せずに常に自分で計っておくのがいい。

専用のバッテリーと充電器だけ使う

ドローンに使われることが多いリチウムポリマー電池は、専用充電器以外を使って充電したり、古い充電池を使ったりすると
発火の恐れがある。また、軽量化のために充電池がケースに入っていないことも多いので、衝撃を与えないよう注意する必要もある。マルチコプターやドローン用バッテリーは軽量化のため衝撃に弱い傾向もある。

風が強い日や場所では無理に飛ばさない

ドローン本体が特に軽いものでは、強風に耐えられない構造のものも中にはあります。

適切な飛行場所を選ぶ

屋外で飛ばせる場所は自分か所有する敷地内か、ラジコン飛行が禁止されていない公共の場所に限られる。飛ばす際は周囲に人がいないことを必ず確認すること。

●自分が所有する土地か、許可を得た私有地の上空

●ラジコンの飛行が禁止されていない公共の場所

●河川や海の真上で、船舶の航行を妨げない場所


平らな場所で電源を入れる

ドローンによっては電源をオンにした際に機体の水平を認識する仕組みのため、平坦な場所に置いて電源を入れる必要がある。斜めの状 1態で電源を入れると安定して飛ばなくなることも。

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
人気のドローングッズ
 No.1  No.2  No.3  No.4  No.5

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。